ライフワークを目指して求職中。だけどいざ働くことになると嫌な気持ちが出てくるのは何故? ココロノマルシェに回答しました。

みなさん、こんばんは。

エフォートレスな生き方を提案する

カウンセラーで心理学講師・キャリアコンサルタントのしゅうこです。

 

※エフォートレスとは、

 「努力を要しない、無理のない」

 という意味です。

 

今日は、オンラインカウンセリング 

ココロのマルシェに寄せられたお悩みに回答しました。

 

ココロノマルシェとは、根本裕幸さんの

「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーが、

Web上で相談にお答えする無料サービスです。

 ご相談はこちらからどうぞ。

 

【ご相談】求職活動してもいざとなると逃げたくなるのはなぜ?

昨年離婚し、地元に戻った30代後半バツイチ

女性です。

結婚期間中は扶養内で働いてましたが

6年ぶりに正社員を目指して現在求職活動をしています。

 

この先結婚するかもわからないし、

腰を据えて働ける場所を見つけたいと思っています。

 

根本先生のライフワーク本に取り組んだりして

「頑張る人を応援する」「癒しの分野」

「今までの私の得意分野が活かされる」

が当てはまるジャンルの職場体験や面接に

行っていますが、

 

いざ働くことがリアルに感じると

ワクワクした気持ちがしぼんで

否定的で逃げたい気持ちになります。

 

ある時は経営者の方が会ってみると苦手だったり、

ある時は求められている人物像が

私とかけ離れていることだったり、

休日が少なかったり・・・。

 

原因は変化が起きることの抵抗かもしれないし、

もともと仕事にネガティブな想い

(仕事の人間関係や自分の仕事のできなさ)

があるからなのか、

実際の現場を見たら思い描いていた

ライフワーク像とかけ離れていたからなのか、

それとも全て当てはまっているのかも

しれませんが

 

とにかく「私のやりたいことではない」

と思ってしまい採用の連絡をいただいても

断ることが続いています。

 

断る理由があるからそれでいいんだよ!

と思うようにしてますが、

心のどこかで

私はもしかしたらどんな仕事にもケチをつけて

働かなくていい理由にしようとしてないか?

とも思う自分もいたりします。

 

無職中も好きなことをして過ごしていたので、

働きたくない病を増長させてしまっていた

のかもしれません。

 

貯金が尽きてはいませんが、

離婚してからあと少しで一年になるのに

仕事が決まらない焦りもあるけど

なかなか前に進まないので

アクセルとブレーキを同時に踏んでいる状態です。

 

妥協して就職してものちのち後悔しそうだし、

無職期間がながびくのも会社の印象も悪くなって

就ける仕事が狭まってしまい

ライフワークなんて夢のまた夢

になってしまうんじゃないか。

 

これからの人生、仕事で過ごす時間は

とても長いのに

そこが苦しい場所にしたくない!

など大人のイヤイヤ期が止まりません。。

 

このままの私のスタンスで良いのか、

それとも何か意識を変えたらいいことなどがあれば

アドバイスいただいきたいな

と思い相談させていただきました。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

よりさん

 

ここからが回答です

よりさん、はじめまして。

カウンセラーでキャリアコンサルタントの

しゅうこが回答します。

 

よりさんは離婚をきっかけに地元に戻り、

腰を据えて働ける仕事を探しているんですね。

離婚は結婚するよりもずっと大変だと

聞いたことがあります。

 

よりさんの場合はどうでしたか?

 

結婚生活で暮らしていた場所から引っ越し、

環境が変わることも大変だったんじゃないでしょうか。

また、ご相談には書かれていないですけど、

財産分与や、

お子さんがいればお子さんの親権の話し合い、

それぞれの両親や友人、

同僚への説明をどうするか?など、

大変なこと、神経をすり減らすことが

山積みだったのではないかと思います。

 

もしそうだとすると、

 

>離婚してからあと少しで一年になるのに

 仕事が決まらない焦りもある

 

という気持ちも本当によく分かるんですが、

 

身体が

「あれだけ大変な離婚を頑張った後なのに、

 もう働かなきゃいけないの?!」

「まだまだ疲れが取れてないよ!」

「休ませろーーー!」

悲鳴を上げているのかもしれないなぁ、

と思いました。

 

>無職中も好きなことをして過ごしていた

ということですが、これも、

元気を取り戻すために必要なことだったんだと思います。

 

これからも好きなことを沢山取り入れて、

どんどん元気を取り戻していきたいですよね。

 

***

さて、肝心のこれからの求職のスタンスなんですけど。

 

私は、見直しの時期にきているんだと思うんですよね。

 

よりさんは一度根本さんのライフワーク本に取り組んで、

>「頑張る人を応援する」「癒しの分野」

「今までの私の得意分野が活かされる」

が当てはまるジャンルの職場体験や面接

に行ったんですよね。

 

(考えたことを実際に行動に移せるだけの行動力や、

採用にまで漕ぎつけるだけの

能力・魅力があって素晴らしいと思います!)

 

でも、採用の連絡をもらっても否定的な気持ちが湧いてきて

逃げたくなってしまうとのこと。

 

否定的な気持ちになるもんはしゃーないよねぇ、

と受け入れて

一旦そのジャンルから離れてみてはどうかなぁ?

と思いました。

 

で、どんな風に見直すのか、ということなんですけど。

 

私は、更に自分の価値や魅力・才能を認めるのが

一つの方法だと思うんですよね。

 

というのも、よりさんは離婚してから

1年ということ。

 

まだまだ結婚生活中の問題や

離婚の責任を一人で背負い込んで

自己否定している部分があるのでは?

と気になりました。

 

例えば

・もっと私が控えめな女だったら、

 喧嘩にならなかったかもしれないのに

・もっと私が経済的に自立した妻だったら、

 夫とちゃんと話し合いができたのに

・もっと私が我慢強かったら、

 離婚しないですんだのに

みたいに。

 

自己否定していると、

自分の魅力全体を把握できないんですよね。

 

先ほどの例でいえば、こんな魅力があります。

 

・控えめな女じゃない

 →主体性がある・リーダーシップが取れる・

  意思がはっきりしている

・経済的に自立していない

 →人に頼れる・応援される・愛される

・我慢強くない

 →忍耐力がある

(「えぇ?」と思われるかもしれませんが、

 そもそも我慢できる人じゃないと、

 我慢できない自分を責めないものです)

 

もし自己否定しているところがあったら、

自己否定をやめて

自分の価値や魅力を沢山受け取ってみてください。

 

より自分にフィットした職業やライフワークが

見つかると思いますよ。

 

***

 

ライフワークに取り込んでいる時は、

仕事を探していない時期にやっていた、

「好きなこと」と同じくらいわくわくしたり、

思わずニヤニヤしたりするものです。

 

よりさんがそんなものに出会い、

お仕事にしていけるよう、応援しています。

 

***

You tubeでの動画回答はこちら!

- YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

***

しゅうこのカウンセリングメニュー

6月のオンラインカウンセリングスケジュール

〇問い合わせはこちらから

〇公式ライン

ご登録の方に、ブログ上での無料相談プレゼント!

「プレゼント」と送信してくださいね。

https://lin.ee/Dcv25o3

〇Twitter

https://twitter.com/milkysnowletter

〇Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100066472563077

〇Instagram

https://www.instagram.com/syukocounseling/

***

 

このブログを読んでくださったあなたの気持ちが緩んで、

「ほっ」とできますように。

しゅうこ

コメント

タイトルとURLをコピーしました