根本裕幸さんのお弟子制度 第4期講座2回目 理想のクライアント像

みなさんこんばんは。

カウンセラーになるための勉強中の「しゅうこ」です。

しゅうこのプロフィールはこちら

しゅうこのTwitterはこちら

 

このブログでは、【3ヶ月先まで予約のとれないカウンセラー 根本裕幸さん】

心理カウンセラー根本裕幸オフィシャルブログ
3ヶ月先まで予約の取れない心理カウンセラー根本裕幸(ねもとひろゆき)が結婚、恋愛、ビジネス、家族の問題を心理学で解決。

が提供されている「お弟子さん制度」で考えたこと、学んだことを、私なりの言葉でお伝えしていきます。

(このブログでいうカウンセラーは2019年に国家資格になった公認心理師や、民間団体が行っている心理系の資格を持つ方々ではなく、広い意味のカウンセラーを指しています。)

 

***

4月17日、18日と、根本さんのお弟子制度4期生の2回目の講座でした。

今回も1日目はケーススタディの共有、質問タイム、根本さんによるデモセッション。

2日目はカウンセラービジネス(理想のクライアント像設定)、根本さんのカウンセリングスタイル、カウンセリング練習会。

今回はパソコンを替えたせいか、子どもが乱入してくるのを防ぐために借りているデイユースのホテルのWifiが弱い部屋だったのか、はたまた私が気乗りしていないせいか、各日ともなかなかZoomにつながらず、つながっても切れるを繰り返すorz

まあ、こんな日もあるよね、と自己受容しつつ、事前準備・確認が大事だなぁ、と実感した回でした。

 

〇理想のクライアント像

カウンセラー講座の中で、”理想のクライアント像を描く”というワークがあったので、紹介します。私は2タイプの方が浮かびました。

理想のクライアントを思い描くための質問と、回答その1。

質問 タイプ1
相談されるとわくわくするジャンル・

内容は何ですか?

嫌なことを「嫌!」と言っていいか悩んでいる
人からよく相談されるジャンル・内容

は何ですか?

共働き夫婦の家事分担
何とかしてあげたいと思う人の

性別、年齢、職種、キャラ・性格、状況はどんなものですか?

・女性(一部男性)

・30~40代

・職種問わず

・優しすぎるくらい優しい

・パートナー等と上手くやっていくために、自分の気持ちを推し殺さないといけないのかな?と思っている

↑の人はどんなことで悩んでいますか? 嫌なことを「嫌!」と言っていいか?
↑で思い当たる人はいますか? 同僚、昔の母、昔の兄、昔の自分

私はタイプ1のクライアントとして設定した、優しすぎるくらい優しい人が好き。優しすぎる性格故にいろいろな理不尽に耐え、受け入れてくれているおかげで、世界が回っていると思っています。

「そんな優しい人が、「嫌」と感じることってよっぽど嫌なことなんだろうなぁ」と思うし、「そんな素敵な人が困っていて良いわけがない!」と、わくわくというより怒りの感情が湧いて「力になりたい」と俄然やる気になるのです。

 

こちらの人たちには、以前のブログ(自分のカウンセリングを喜んでくれる人ってどんな人?)で紹介した、思い込みの枠を外す、クライアントの価値を見つけて伝えるカウンセリングがよさそう。

 

私の強み・魅力

(+経験)

どんな

クライアントに

愛される?

近づいてくる?

どんな

カウンセリングが

似合う?

どんな風に

喜んでもらう?

何を与える?

本当は自由

(なのに抑圧的

に振舞う)

自分を抑圧している人(セクシャリティ・自由な自分・情熱的な自分) 思い込みの枠を外す。

クライアントの価値や魅力を見つけて伝える

本当の自分を理解する。取り戻す。

自分らしく振舞うことに対する安心感。

 

 

回答その2。

質問 タイプ2
相談されるとわくわくするジャンル・

内容は何ですか?

周囲の人と衝突して、「イー(# ゚Д゚)」となっている
人からよく相談されるジャンル・内容

は何ですか?

上司や周りの人とそりが合わない
何とかしてあげたいと思う人の

性別、年齢、職種、キャラ・性格、状況どんなものですか?

・女性

・30~40代

・職種は?

・頑張り屋・情熱的

・周囲の人に対して怒りを感じている

↑の人はどんなことで悩んでいますか? 上司や周りの人と意見が合わなくて、正しさの争いをしており、ストレスを感じている。
↑で思い当たる人はいますか? 同僚、友人、自分

 

タイプ2の人は、私が自分自身を投影※しているかわいい人たち。(自分を投影しているので、かわいいとは言えても、大好きとまでは言えないのです。まだまだ「自分大好きー♡」とまでは言えないから。)

※投影:心の中を外の世界に映し出したもの。外に見える世界は全て心の中にあるもの。

自分の感情、自分が過去に出会った人、自分の価値観や考え等を周囲の人や物に投影する。

 

こちらの人は、情熱があふれるあまりアツくなって、周囲の人と正しさの争い※をしているイメージ。そんな人の心をぎゅっと抱きしめ、おだやかに声掛け(受容と共感)をして落ち着いてもらい、人心地がついたら、今起こっている問題の原因にアプローチしていくカウンセリングがいいかなぁ。

 

私の強み・魅力

(+経験)

どんな

クライアントに

愛される?

近づいてくる?

どんな

カウンセリングが

似合う?

どんな風に

喜んでもらう?

何を与える?

論理的・思考的

リケジョ

問題や感情がこんがらがっている人 絡まりを解きほぐす 問題や感情の絡まりが整理される。

問題解決の糸口が見える。

仕事への愛・

情熱がある

仕事で悩んでいる人

(キャリアウーマン・ワーキングマザー)

受容と共感

客観的

当事者以外からのものの見方(経営者・上司・同僚・部下・夫etc)に気づく。

頼ることを提案。

 

 

※正しさの争い:競争の一種。どちらが正しいかを競い合っている。

競争している状態では他人を信頼できない。そのため、孤立していく傾向にある。

競争の裏には相手への不信感や自己不信がある。

競争を手放す、すなわち競争の舞台から降りるのがカギ。

***

 

理想のクライアント像を描いたら、いろんな人のカウンセリングをしたくなってきました。

カウンセリング募集の告知文まで作ったけど、お弟子制度の課題がたくさんあることや(今回もいっぱい出ました(´;ω;`))、「本当に私なんかに、お弟子以外の人のカウンセリングができるの?!ほんとに?できるの?!ほんとにできるの?!!」という恐れがあって、アップする勇気がでない。

 

誰か背中を蹴飛ばしてー!(←これを言うのですら怖い)

 

心と体をゆっくり休めてまた、お会いできたら嬉しいです。

それではおやすみなさい。

しゅうこ。

 

SNSシェアボタンを設置しました。

いい記事だと思ったら拡散してくださいね♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました