私の目指すカウンセラーの姿1

こんばんは。

カウンセラーになるための勉強中の「しゅうこ」です。

このブログでは、【3ヶ月先まで予約のとれないカウンセラー 根本裕幸さん】

HPアドレス:https://nemotohiroyuki.jp/

が提供されている「お弟子さん制度」で考えたこと、学んだことを、私なりの言葉でお伝えしていきます。

昨日の夜は10時にブログをアップした後、ブログのフォーマットやカウンセラー活動で使おうと思っているTwitterとFacebookの自己紹介作りをしました。

「夜も遅いから明日にしたほうがいいかも」と思いつつ、やりたいこと・書きたいことが溢れてきてやめられない止まらない状態に。私は情熱の女で凝り性、完璧主義なことを実感した夜でした。

 

〇私の目指すカウンセラーの姿

さて今夜は、「私の目指すカウンセラーの姿」についてお話したいと思います。

(このブログでいうカウンセラーは2019年に国家資格になった公認心理師や、民間団体が行っている心理系の資格を持つ方々ではなく、広い意味のカウンセラーを指しています。)

私は、カウンセラーは「専門的な知識や経験を使って、クライアントさんのお悩みを解決する専門家」だと思っています。

そして、私自身は「クライアントさんの個性を大事にしながら、クライアントさんのお悩みを解決するお手伝いができるカウンセラー」を目指したいと考えています。

クライアントさんのお悩みを解決するお手伝いをする時には、問題解決のステップを使い、論理的で分かりやすい説明ができたらいいなぁ、と思っています。

ー問題解決のステップー

1クライアントさんのお悩みを聞き、解決したいことを具体的にする

2心理学の知識を使って、クライアントさんのお悩みの原因を考える

3クライアントさんのお悩みを解決するための方法を考える

41~3の内容を、クライアントさんに分かりやすく説明する

昨夜の記事にも書きましたが、私は自然にしているだけで「癒される」と喜んでもらうことが多いです。なので、「癒し」をテーマにしたいと思っています。具体的にどんなことをするかはこれから考えたいと思います。

 

まだまだ書きたいことがありますが、今日はここまで。

明日も引き続き、「私の目指すカウンセラーの姿」についてお話したいと思います。

 

心と体をゆっくり休めてまた明日、お会いできたら嬉しいです。

それではおやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました