パートナーシップの振り返り3  夫への試し行動

みなさんこんばんは。

カウンセラーになるための勉強中の

「しゅうこ」です。

しゅうこのプロフィールはこちら

しゅうこのTwitterはこちら

 

このブログでは、

【3ヶ月先まで予約のとれないカウンセラー

根本裕幸さん】

心理カウンセラー根本裕幸オフィシャルブログ
3ヶ月先まで予約の取れない心理カウンセラー根本裕幸(ねもとひろゆき)が結婚、恋愛、ビジネス、家族の問題を心理学で解決。

が提供されている「お弟子さん制度」で

考えたこと、学んだことを、

私なりの言葉でお伝えしていきます。

(このブログでいうカウンセラーは

2019年に国家資格になった公認心理師や、

民間団体が行っている心理系の資格を持つ方々

ではなく、

広い意味のカウンセラーを指しています。)

 

***

お弟子さん制度4月度に、

「パートナーシップについて振り返ってみよう」

という課題があり、

5月度の課題で、

「家族、パートナーシップ、仕事について

振り返った内容をもとに、自分の才能や魅力を

カウンセラー目線で考えてみよう」

という課題が出たので、

パートナーシップの振り返りをしています。

 

***

前回のブログでは、私が大学4年になってから

おしゃれを始め、研究室に入って日常的に

男性に接するようになって慣れてきた頃に、

夫が研究室に戻ってきた、

というところまでお話ししました。

 

私と夫は、研究チームは違いましたが、

実験室で作業する時間が同じになったときや、

分からないことがあったときに話しかけると、

優しく対応してくれる人でした。

私は当時、好きなタイプが「優しくしてくれる人」

だったので、

すぐ夫のことが好きになりました。

 

夫を好きになってからは、同じ研究室の同期や

仲の良い先輩が応援してくれて、

出会って3か月ほどで私から告白。

 

(おしゃれを始めたことで

外見コンプレックスは多少ましになったものの、

引き続き「自分には女の子としての魅力がない」

と思っていたので、

「自分から告白しない限り、付き合えないだろう」

と思い、自分から告白したのでした。)

 

夫は告白をを受け入れてくれ、

晴れて付き合うことになりました。

 

***

付き合い始めた当初、私には夫が

・年上で頼りがいがある人

(夫は私より5歳年上です)

・気さくで誰にでも優しく、親切で、

面倒見が良い人

・包容力がある人

・私が男性に感じていた面倒くささ

(「言葉がきつい」「傷つきやすい」

「プライドが高い」「偉そう」)

がない人

 

に見えていて、

とても価値があるように感じていました。

 

そして、「無価値な自分」と比べ、

夫のことを見上げていました。

 

加えて、

「夫は私が告白したから、

(仕方なしに)付き合ってくれている」

と思っているところがあり、

愛されている自信が持てませんでした。

 

普段はイチャイチャし、

付き合って数週間で夫から

「もう何年も一緒にいる気がする」

と言われるほどの安心感を醸し出して

過ごしているにもかかわらず、

 

私は時折

・わがままを言って

自分をどこまで受け入れてくれるか試す

・些細なことですぐに機嫌を悪くし、

夫が気を遣うように仕向ける

・意見が合わないことがあるとすぐ、

別れる気もないのに「別れる!」と言う

 

といった試し行動を繰り返すようになりました。

 

そこには、(当時は全く無意識でしたが)

「愛されていることを確認して安心したい」

という気持ちがありました。

 

 

別れる気もないのに「別れる!」というのは、

夫に直接注意されたのですぐにやめられましたが、

それ以外は、夫との恋愛期間から

結婚・妊娠・出産を経てつい最近に至るまで、

ずっーと繰り返してきました。

 

夫は、私の理不尽な要求や、上から目線な態度にも

ずっと大らかに対処してくれていました。

しかし、夫は自身の仕事が忙しくなった時期と、

私の「妊娠出産」によりモラハラレベルにまで

悪化した試し行動により、

我慢の限界を迎えたのでした。

 

 

つづく

 

***

 

ブログを読んでくださっているあなた自身や、

あなたのパートナーに

試し行動をとる傾向はないでしょうか?

 

私は自分の経験から、

「試し行動をとっている側は、

自分でおかしいことをしていると

うすうす気づいているのではないか?」

と思います。

 

ただ、自分で気づいてはいても、

根本的な原因が分からず、対策も取れません。

 

だから、試し行動をパートナーに注意され、

「ごめんね」と謝り、「次はしないぞ」と思っても、

また同じ行動を繰り返してしまうのではないか?

と思います。

 

試し行動を改善するためには、

「幼少期から今までにできた、

心の傷を見つめていく」作業と、

パートナーシップに影響を与えている

心の傷を癒す」

ことが必要だと感じています。

 

一人、もしくは

パートナーと二人で取り組むのは

難しい面もあると思います。

 

そんな時には、

恋愛・夫婦関係専門のカウンセラー

に頼ってみてはいかがでしょうか?

 

専門家ならではの視点で心の中を分析し、

必要な提案をしてくれると思いますよ。

***

ここまでお読みいただいて

ありがとうございました。

心と体をゆっくり休めてまた、

お会いできたら嬉しいです。

それではおやすみなさい。

しゅうこ。

 

SNSシェアボタンを設置しました。

いい記事だと思ったら拡散してくださいね♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました