私がカウンセラーになる勉強を始めようと思ったきっかけ2

こんばんは。

カウンセラーになるための勉強中の「しゅうこ」です。

このブログでは、【3ヶ月先まで予約のとれないカウンセラー 根本裕幸さん】

HPアドレス:https://nemotohiroyuki.jp/

が提供されている「お弟子さん制度」で考えたこと、学んだことを、私なりの言葉でお伝えしていきます。

 

皆さん、最近よく眠れていますか?

私は根本さんのお弟子さん制度が始まって約1週間、自分のブログを書いたり同期の皆さんのブログ

を読んだりするのに夢中で、ベッドに入るのが25時を過ぎてしまいます。

寝ようと思って目を閉じても頭の中でいろいろなことが駆け巡り、眠るまでの時間も長くなったり。

 

脳みそがフル回転して、眠るのを忘れるくらい夢中になれることがあるのは幸せなことですが、

頭に張り詰めた感覚があり、眠っても疲れがとれていない感じがしています。

 

眠りたいのに眠れないとき、私がよくお世話になるのがYou tubeのこちらチャンネル。

静かな瞑想と癒しの音楽【Quiet Meditation and Healing Music】

https://youtu.be/4i0EC5T19Ao

 

薄暗く、適度に暖かくした寝室で、着心地の良いパジャマを着てベッドに入り、仰向けのリラックス

した状態でゆっくり呼吸をしながら目を閉じてこの音楽を聴いていると、私はいつもより早く眠れ

寝起きがすっきりする気がします。(個人の感想です)

もし良かったら、試してみてくださいね。

 

〇私がカウンセラーになる勉強を始めようと思ったきっかけ2

さて今夜は、「私がカウンセラーになる勉強を始めようと思ったきっかけ カウンセラーさんから

もらった癒し」についてお話したいと思います。

(このブログでいうカウンセラーは2019年に国家資格になった公認心理師や、民間団体が行っている

心理系の資格を持つ方々ではなく、広い意味のカウンセラーを指しています。)

 

昨日の夜、占い師さんの勧めで根本さんのブログに出会った、と書きました。

そこから半年間は根本さんのブログを読み進め、自己肯定感、自分軸について知り、ブログで知った

考え方を通して世の中を見ることを楽しむような時期でした。

初めて根本さんと(一方的に)お会いしたのは、2020年1月19日に開催された、

「心と体をゆるめて流す、戦士の休日WS~心を解放してすっきりさせる3時間~」

https://nemotohiroyuki.jp/?s=%E5%BF%83%E3%81%A8%E4%BD%93

 

このワークショップは、これまでの人生で自分が闘ってきたことに気づき、複数のイメージワークを

使って心の疲れを取る内容だったように記憶しています。このワークショップの中で、自分が傷つき

疲れていること、傷ついているのにほとんど泣いてこなかったこと等に気づかされました。

(この頃はずーっと戦闘態勢だったので、傷ついていることにも、疲れていることにも気づいて

いませんでした。)

 

参加後は張り詰めた感じが和らぎ、ふわふわしてぼーっとした感じがして、すごく眠たくなり、

心と身体を一緒に緩めることができました。一番最初に参加したワークショップというのもあるかも

しれませんが、とても印象深いワークショップです。

ワークショップで行ったワークは今でもお気に入りで、「疲れたな」「なんだか心と身体が重いな」

と思ったときにお風呂やベッドの中で取り組んでいます。

 

癒しをテーマにしたい、と思うのは、このワークショップの影響もあるのかも。

 

このワークショップ後は、自己肯定感を上げる、ライフワーク、パートナーシップ、女性としての

自己肯定感を上げる、といったテーマのセミナーや、根本さんとは別のカウンセラーさんの

セッションに参加して「何者かにならなくても自分は愛される存在であること」「自分は人として、

女性としていろいろな魅力を持っていること」等に気づくことができました。

 

自己肯定感を上げることで、自分で自分を責めることがかなり少なくなりました。

また、仕事でトラブルなど何かよくないことがあっても、「自分の責任」と「相手の責任」、

「トラブルが起こるような環境要因」を分けて考えることができるようになりました。

とても疲れにくくなったな、と感じています。

(それだけ自分を責めることにエネルギーを使っていたんですね。)

 

明日は、「私がカウンセラーになろうと思ったきっかけ 燃え尽き症候群に気が付いた」について

お話したいと思います。

 

心と体をゆっくり休めてまた明日、お会いできたら嬉しいです。

それではおやすみなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました