付き合えない彼への執着を手放す方法

 

仕事に育児に家事に忙しくしているワーキングマザーの皆さん!

カウンセラーのしゅうこです。

 

今回の記事をお読みいただくと、付き合えない彼への執着を断ち切る方法が分かります。

 

「彼に執着しちゃいけない」と思うのに執着してしまうのには、ちゃんと理由があるもの。

 

理由に合った対策をすれば、ちゃんと執着は切れますよ。

 

***

 

12月も残すところあと10日ほどですね。

 

会社によっては忘年会シーズンのところもあるのかな。

 

私はこの時期になると、飲み会で好きな男性に告白しちゃった時のことを思い出します。

 

(忘年会の飲み会の出来事だったんですよ)

 

私は彼にあっさり振られてしまったんですけど、その後も2~3年くらい彼に執着しました。

 

「彼と話したいな」

 

「彼は今頃何してるかな」

 

「彼がいそうなところに行ったら、ばったり会えないかな」

 

とよく思っていました。

 

一方で、

 

「彼のことなんか考えてもしょうがないのにな」

 

と虚しくなったり、

 

「いつまでも彼に執着しちゃいけないのに…」

 

と自分を責めたりしていました。

 

このブログを読んでくださっているあなたも、そう思うことがあるかもしれませんね。

 

そんなあなたに、私が彼への執着を断ち切った方法をお伝えします。

 

 

まずは、彼と付き合えないことを思いっきり悲しみましょう。

 

寂しさに浸りましょう。

 

彼と付き合えないことが悲しくて涙が出るなら、気が済むまで泣きましょう。

 

当時の私は家と会社しか居場所がなかったから、通勤電車の中でよく泣いてました。

 

(彼に振られたのが冬だったから、マスクをつけて顔を隠して泣いてました。)

 

私みたいに安心して泣く場所がない方には、カウンセリングもおすすめです。

 

カウンセリングはどんな感情でも出していい場所ですから。

 

泣きたかったら、好きなだけ泣いていいんです。

 

 

たくさん泣いたら好きなだけ寝ましょう。

 

子どもは癇癪を起して大泣きした後、疲れて寝ますよね。

 

寝て起きたら、けろっと元気にしています。

 

あなたも、寝起きに元気を感じられるまで休みましょう。

 

 

元気が出るまで寝たら、こんなアファメーションを唱えましょう。

 

「彼に執着している限り、私は泣かなきゃいけない。

 

 寂しい思いもしなきゃいけない。

 

 もうそんなのは嫌だ。

 

 私は毎日笑顔で過ごす。

 

 私は絶対に幸せになる。」

 

ちょっとでも時間ができたらアファメーションを唱えます。

 

そうすることで、彼のことを考える時間が減ります。

 

そして、「私は絶対に幸せになる」という覚悟が潜在意識に刷り込まれていきます。

 

 

アファメーションを唱えるのと並行して、「あなたは彼に何を求めていたのか?」考えてみましょう。

 

楽しく会話ができること?

 

尊敬できてかっこいい彼にときめきを感じること?

 

女性として優しく扱われる喜びを感じること?

 

あなたのことをそのまま受け止めてもらえる、安心感を感じること?

 

彼に求めているものの中でも、どんな「気持ち」を求めていたのか振り返ってみましょう。

 

私の場合は、彼に執着していた当時、たった一人の理解者だと思っていた夫が不倫をしたと思っていて、「裏切られた!」と感じていたんですよね。

 

それがすごく寂しかったんです。

 

でも、私はその寂しさをずっと感じないようにしていました。

 

(寂しいと思ったところで、夫は私を愛してくれないと、当時の私は思い込んでいたから)

 

だから、付き合えないと分かっている彼に執着することで、私は抑圧していた寂しさを感じ、気持ちを解放しようとしたんだと思います。

 

彼に求めていた気持ちが分かると、心の中に安心感が生まれます。

 

 

彼に求めていた気持ちが分かったら、その気持ちを他に伝えたい相手がいないか考えてみましょう。

 

私の場合は夫に対して「寂しい」と言いたかったです。

 

あなたの場合は誰に何を伝えたいでしょうか。

 

夫に「もっと女性として優しく扱ってほしかった」と伝えたいですか?

 

それとも、お父さんに「私のことを見てほしかった」と伝えたいでしょうか?

 

やっぱり、お母さんに「私のことを受け止めてほしかった」と伝えたいでしょうか。

 

色々あるかもしれませんね。

 

もし可能だったら、イメージした相手に直接自分の気持ちを伝えてみましょう。

 

(相手が受け取りやすいシチュエーションや言葉は用意してあげてくださいね)

 

行動を起こすことで、つらい感情を感じざるを得なかった状況が変わっていきます。

 

 

私の場合は、夫に直接「寂しい」と伝えました。

 

そのことを伝えたときの夫婦関係は冷え切っていたので、すごく勇気がいりました。

 

だけど、勇気を出して本音を伝えたことで、夫は私と一緒にいる時間を増やしてくれました。

 

今では自分の気持ちに振り回されて、頻繁に彼のことを思い出すこともありません。

 

心理学やカウンセリングの勉強で似たようなケースを扱うときに、

 

「そういえば、そんなこともあったな」

 

「彼は、私に本心を気づかせてくれるための存在だったんだな」

 

「彼を好きになったことも、意味のあることだったんだな」

 

と思うだけです。

 

執着が断ち切られた状態は、とってもらくちんですよ。

 

 

「自分が彼に何を求めてたのか分からない」

 

「付き合えない彼以外に、自分の気持ちを言いたい相手が見つからない」

 

「どうしても執着が切れない」

 

 

そんな時は、こちらのカウンセリングにいらしてください。

 

一緒に執着を切る方法を考えていきましょう。

 

【残り2枠】仮面夫婦をやめて本当に理解し合えるようになるカウンセリング体験会はこちら。

 

仮面夫婦を演じることに疲れてしまったあなたへ カウンセリング体験会のお知らせ
仕事に育児に家事に忙しくしているワーキングマザーの皆さん! カウンセラーのしゅうこです。 今回は、大阪での対面のカウンセリングのお知らせです。 こんな思いや悩みはありませんか? 不倫した様子の夫と離婚する決意がつか...

 

執着が切れた本当のあなたに会えるのを楽しみにしています。

 

しゅうこ

タイトルとURLをコピーしました