第二の人生に向けた仕事やお金の不安を解消する方法

仕事に育児に家事に忙しくしているワーキングマザーの皆さん!
キャリアコンサルタントのしゅうこです。

今回は、オンラインカウンセリングココロのマルシェに寄せられたお悩みに回答しました。

今回の記事をお読みいただくと、仕事やお金の不安を解消する方法が分かります。

 

【ご相談】仕事とお金へのコンプレックスを払拭したい

もうすぐ50代を迎える者です。
20代半ばで9歳上の転勤族主人と結婚してすぐ一人娘(現在大学生)が生まれ、子どももほぼ手が離れてこの先をどのように過ごしていけばいいのか思いあぐねています。

転勤に帯同しながらの生活だったので仕事はパートでしか働けなかったこと、また結婚前も正社員で働いたことがなく、大したキャリアも築けないままこの歳まで来てしまいはっきり言ってそんな自分がとても恥ずかしいです。

家庭生活自体はやさしい主人とかわいい子どもに恵まれて幸せだと思うのですが、どうしても仕事でキャリアを築けなかった自分、稼げない自分、貯蓄がうまくできない自分へのダメ出しが止まらず、だったらフルタイムでバリバリ働けばいいじゃないかと思いつつも、それはそれで家事がきちんとできなくなることへのストレスとの板挟みになり、過去にはプラス転勤しながら慣れない土地での子育ての負担も重なって何度か心療内科にもお世話になり、入院も経験しました。

その際に転勤帯同生活を辞め、主人に単身赴任をしてもらい、私は気に入った土地に家を買って娘と暮らし始め、今は時々短期の派遣で働く感じです。

主人は時々主人の赴任先に遊びに来てほしいということもあり、今のペースでいいよと言ってます。
だけどどうしてもほんっとうに貯金がなく、娘の学費も奨学金を借りての進学ということもありお金の不安が強いのですが、主人は今は貯金できない時だから仕方ないとのこと、はっきり言ってもう定年だって間近なのにどうしてそんなに呑気に構えていられるのか不思議です。

確かに今のペースが合ってるといえばそうなのかもしれませんが、特に家でのんびり過ごしている時に心の奥から胸の辺りがものすごくざわついて言いようのない不安に襲われてしまいます。正直この感覚が結婚してからずっとあり、この先もこれと付き合っていかなくてはいけないのかと思うと何ともいえない気持ちになります。

生活自体は2世帯生活とはいえ、夫婦仲もよく幸せな方なのですが。

なんだか取り止めのない内容になってしまいましたが、アドバイスいただければと思います。

(YUKOさん)

 

YUKOさんこんにちは。カウンセラーのしゅうこです。

 

YUKOさんは転勤族の夫の妻として、長年夫の転勤に付き添ってきたんですね。

 

私の友人にも転勤族の妻をやっている友人がいます。

彼女たちは

いつか引っ越しがあると思うと、家具一つ買うのもためらってしまう、

いつ転勤があるか分からず、毎年辞令の時期が近づくとハラハラする、

社宅で生活していると、夫の会社の上下関係が妻の人間関係にも影響してしんどい、

と言っていて、とても不自由そうに生活している様子でした。

 

なので、私はYUKOさんのご相談を拝見して、色々なご苦労がありながら、きちんと家事をしてご家族を支えてこられたんだろうなぁ、と思いました。

ご主人や娘さんはYUKOさんにとても助けられたでしょうね。

 

しかも、家事や育児で忙しい中で、パートや派遣までされているんですよね。

きっと、ご主人の転勤にあわせて何度も職場が変わり、そのたびに一から仕事を覚えたり人間関係を作ったりしたんでしょうね。

すごいなぁ・・・。

(私は基本人見知りなのですごくハードルが高いです・・・。)

 

***

私は今回のご相談の中で、

>仕事はパートでしか働けなかったこと、また結婚前も正社員で働いたことがなく、大したキャリアも築けないままこの年まで来てしまいはっきり言ってそんな自分がとても恥ずかしいです。

>仕事でキャリアを築けなかった自分、稼げない自分、貯蓄がうまくできない自分

>ほんっとうに貯金がなく

というところを拝見して、YUKOさんは「ない」ものに目が向いている状態なのではないかと思いました。

 

そして、「ない」もののことばかりが思考を占めているために、

>家でのんびり過ごしている時に心の奥から胸の辺りがものすごくざわついて言いようのない不安
を感じてらっしゃるのかな?と思いました。

 

では、実際、YUKOさんにキャリアやお金はないのでしょうか?

「キャリア」は働く人の職業的な経歴のことをいいます。

(「キャリアがある」というと、「正社員として〇年仕事をした」とか、「課長・部長」といった役職に就いた状態をいうと思いがちですが、実はそうではないんです。)

 

YUKOさんにはこれまで、ご結婚前は正社員以外の形で、ご結婚後もパートさんとしてお仕事をしてきた経験がありますよね。

そして、今も派遣のお仕事をされています。

 

パートさんや派遣さんとして取り組んできたお仕事の内容や勤続年数、それぞれの職場で身に着けたことや学んだことがあると思います。

それを紙に書き出していただくことで、自分なりのキャリアがあることを感じていただけると思います。

(もし、職場で身に着けたことや学んだことが思いつかない時は、「一度も働いたことがない状態」を思い出して、それと比較してみると見えてくるものがあると思います。)

 

また、お金については、今持っているお金や、これからの人生で入ってくるお金を書き出してみてください。

 

今は、貯金はないにしても、2世帯生活が送れるだけの収入がありますよね。

そして、これからご主人が退職するまでの数年間で得られる収入もあります。

更に、ご主人が仕事を辞めた後は、年金や退職金という形でお金を手にするでしょう。

もし今持っているお金やこれからの人生で入ってくるお金を書き出しても不安な時は、これからの人生設計の中で生じる支出について考えてみると、今持っているお金や今後得られるで十分まかなえるのか、そうでないのかが分かると思います。

 

もし足りない分があったら、自分が働いて稼いでもいいし、夫にもうひと働きしてもらう・・・という手もありますよね。

 

このように、不安を感じるときは一度「ない」ものに着目しすぎてしまっていないかチェックしてみてください。

そして、「ある」書き出すことで、不安は解消していくと思いますよ。

 

***

YUKOさんには、キャリアやお金の他にも、温かい家庭や気に入った土地に建てた家、ご主人の転勤先で築いた人間関係やその土地の知識など、色々なものがあるはずです。

そういったものを手に入れてきた自分の能力やお人柄、人生経験を認めて、お子さんから手が離れた後の第二の人生について考えてみてくださいね。

素敵なセカンドライフを送れるよう、心から応援しています!

 

 

セカンドライフでも素敵な家庭生活を送るためには、夫がお金や仕事についてどう考えているか本音を知りたいですよね。そんなときはこちらの体験会がお勧めです。

【残り2枠】仮面夫婦をやめて本当に理解し合えるようになるカウンセリング体験会

仮面夫婦を演じることに疲れてしまったあなたへ カウンセリング体験会のお知らせ
仕事に育児に家事に忙しくしているワーキングマザーの皆さん! カウンセラーのしゅうこです。 今回は、大阪での対面のカウンセリングのお知らせです。 こんな思いや悩みはありませんか? 不...

しゅうこ

タイトルとURLをコピーしました